戸建て・中古マンション・土地の情報TOPAsobi-デザインハウス RC分譲

Asobi-Design House RC BUNJO

「It's cool right?」圧倒的な個性で佇むそのファサードは待ちゆく人の目を奪う。直線的なスカイラインと洗練されたアーバンスタイル。高品質なRC住宅を。

耐震性能

地震プレート

地震を切り離せない、
それが日本

日本という国は非常に地震が多い国です。 地球上には約14のプレートがあり、内4つが日本列島でぶつかりあっているのが原因です。日本で暮らしていく上では「地震」は避ける事が難しいのが現状である為、住宅の耐震性は非常に大切です。その中で耐震性を発揮し、人命を守り、震災が来ても生活を継続できるのが、RC造です。

地震に強いのは
壁式RC
(鉄筋コンクリート)構造

地震時には様々な方向から強い力が加わります。
一般的な木造住宅や鉄骨造の場合、その外力が柱や接合部に集中してしまい、吸収できずに建物全体が変形してしまう可能性があります。
しかし壁式RC構造は、一体化した六面体で構成されているため、外力を面で吸収・分散します。

これをモノコック構造といい、鉄筋コンクリート自体が重量のある構造であるので揺れも少なく、優れた耐震性を実現します。

RC造は一邸ずつ
しっかり構造計算を行い
安全性を確認しています

一般的な木造住宅であれば、設計時の構造計算はパッケージで簡略化されていますが、RC造では一邸一邸に綿密な構造計算が設計時にされています。
構造計算とは、建築物を設計するときに安全性を客観的に計算する事で、地震や不測の事態に対してもある程度の安全性を保てるかを確かめるために行います。
計算によって求められた数値が建築基準法で定める範囲に収まれば、構造上安全であると判断され、建築が許可されます。

耐火性能

RCなら1000℃に2時間耐久可能

圧倒的に
火に強い素材=コンクリート

RC住宅は木造住宅や鉄骨造に比べて非常に火に強い住宅です。木造住宅の場合は260度で発火し、鉄骨造の場合は540度で変形します。また、どちらも900度に達した場合は30分以内に建物が崩壊します。天井が焼け落ちるほどの大きな火災の場合は1000度まで達するため、建物の崩壊による二次被害の危険があります。しかし、RC造りなら1000度まで達しても2時間耐久が可能で火災に強い住宅と言えます。

コンクリート壁は
耐火壁

コンクリートは材質そのものが延焼することがなく、1000度の熱に2時間さらされても、燃えることはもちろん強度が低下することもなく、更には有害物質をだすこともありません。

そのため、防火地域にも耐火建築物として建築可能です。これも木造と鉄骨造との大きな違いの一つです。

火災保険料が
安い

住宅取得後にかかる費用の一つが「火災保険料」と「地震保険料」です。万が一に備え加入する必要がありますが、RC造はその高い耐火性から、その保険料は木造住宅に比べ約1/3となります。

また、セットで加入することも多い「地震保険料」も前述の耐震性の高さから木造住宅の約1/2となります。また、建築基準法上、耐火構造のRC造は、防火地域または準防火地域内でも、外壁を隣地境界線いっぱいに建てることが出来ます。

耐久性能

RCなら1000℃に2時間耐久可能

躯体の劣化も少ない
高耐久構造、
国が認める資産価値

引っ張る力に強い「鉄筋」、圧縮する力に強い「コンクリート」。この2つの特性を一体化し、優れた耐久性を実現したのが、壁式RC造。

法定耐用年数から見る
抜群耐久性
RC造は木造住宅の2倍以上
RC造は法定耐用年数70年

耐用年数とは、家などの有形固定資産について、仕様に耐えうる年数、もしくは税務上の減価償却の基礎となる年数のことを指します。

グラフからも分かる通り、RC造は抜群の耐久性があり、木造と比較すると約2倍も違います。

資産価値を落としにくいというメリットがございます。

遮音・断熱性能

RC造で静かで
快適な住まいが手に入る

日々の暮らしにもっとも影響を及ぼすのが、遮音性と気密・断熱性。
RC構造は日本列島のどの地域でも快適な空間をつくることができるほど、非常に高気密な構造と言えます。
冷暖房の効率も良くなるため、省エネ効果も期待できます。

騒音のない
静かな環境

基本的に比重の重い材質ほど遮音性能は高く、RC造の壁厚は180mmあり、木造や軽量鉄骨造に比べて非常に高い遮音性能を発揮します。室内の生活音を外や上下階に漏らしにくく、屋外の騒音を防ぐので、快適な住環境が望めます。

※透過損失…建物の壁や窓などの材料の遮音性能を表す数値。

超高性能な
断熱性

鉄筋コンクリート造は、壁・床が一体で隙間がなく非常に高い気密性により、最高の断熱性能を発揮します。
RC造は「熱しにくいが、一度暖まるとなかなか冷めにくい」という特徴があります。 外気の熱や冷気をゆっくりと吸収し、ゆっくりと室内へ放出します。
室内の環境を年中快適にすることが出来ます。

物件一覧

ページの先頭へ

Copyright (c) NAKAJITSU Co.,Inc. All Rights Reserved.