戸建て・中古マンション・土地の情報TOPナカジツの「住まいのお役立ち情報」その他2024年4月スタート『省エネ性能表示制度』どういう制度?性能で住宅を選びやすく!

2024年4月スタート『省エネ性能表示制度』どういう制度?性能で住宅を選びやすく!

2024年4月スタート『省エネ性能表示制度』どういう制度?性能で住宅を選びやすく!

掲載日:2024.03.27

2024年4月スタート『省エネ性能表示制度』どういう制度?性能で住宅を選びやすく!

『省エネ性能表示制度』ってなに?

建物の省エネ性能を買いたい人、借りたい人がわかりやすいように表示する制度だよ。

ショウエネセイノウ?難しそう…

大丈夫!アイコンや具体的な数値で表されるから、物件ごとの比較がしやすいよ。

実は2013年に開始されていたという『建築物省エネルギー性能表示制度(BELS)』。10年以上の歳月 を経て、より住宅の省エネ化が求められる中、今回の義務化(努力義務)では何が変わったのでしょうか。

■今回の要点■

  • 『省エネ性能表示制度』で住宅の性能が分かりやすく!
  • 不動産ポータルサイトからもラベル表示でみることができるように

『省エネ性能表示制度』とは、どういう制度?

省エネ性能表示制度とは、簡単に言えば住宅の省エネ性を比較しやすくする制度です。家電は性能にこだわるのに、人生で長く使うことになる“住宅の性能”を知らないでおく手はありません。

性能の違いは光熱費や住環境の快適性、さらには家族の健康に影響します。

そもそも性能表示に関していえば住宅業界にも不親切な点はありました。「高性能!」とか「業界最高レベル!」などとうたっていても具体的な数値は明記されていない、なんてこともありますから、普及したならば住宅の省エネ性能の比較が容易になることでしょう。

具体的に何が行われる?

具体的にお客様が目にすることができるのは「省エネ性能ラベル」と「エネルギー消費性能の評価書」の2点です。

どちらも不動産会社やハウスメーカーが住宅性能評価・表示協会のホームページにて販売・賃貸する建物のデータを入力し、統一のフォーマットのラベル、評価書を発行します。(第三者評価を受ける方法もあります)

簡易的な情報が表記されている家の形の中に数値が表示されたラベルは自社のホームページやSUUMOやアットホームといったポータルサイトに掲載されるので、家探しを始めた際に目にすることになるでしょう。

詳細な情報が記載される評価書は接客時や契約時の説明に使用される想定になっています。

「省エネ性能表示制度」評価ラベルの例左:ラベル、右:評価書

「省エネ性能表示制度」掲載イメージ掲載イメージ

いつから?

2024年4月から、省エネ性能ラベルの表示が努力義務となります。

努力義務ですから、なかなか取り組みが進まない可能性もあります。

対象の建物は(戸建、MS、賃貸も)

新築住宅の売買だけでなく、買取再販住宅や賃貸も対象となります。

ライフステージとしては未だ購入を検討するのは先だと考えている方も、住宅の省エネ性を考える良い機会になるのではないでしょうか。

新築住宅は2024年以降に建築確認申請を行った物件が対象です。

売買物件

分譲一戸建て、分譲マンション、買取再販住宅(不動産業者が買い取った中古住宅を販売すること)が対象となっています。

対象外とされている注文住宅ですが、2021年4月より建築士から建築主(お施主様)への省エネ性能の義務化がされています。そのため対象外となっていますが、性能が確定したらラベル・評価書を発行することが望ましいとされています。

賃貸物件

賃貸住宅のほか、事務所やテナントの賃貸においても適用されます。

省エネ性能表示制度の対象住宅

詳しく!省エネ性能表示制度の見方は?何がわかる?

ラベルを比較すれば、それぞれの物件の性能を比較できることはわかりますが、それぞれ何を表しているのかを紹介します。

オフィスやビル向けのラベルもありますが、今回は住宅用のラベルのみをご紹介します。

省エネ性能表示制度のラベル例

①再エネ設備

再エネ設備の有り無しが表示されます。再エネとは『再生可能エネルギー』のことで、太陽光発電、太陽熱を利用した給湯や、バイオマス発電が該当します。

②エネルギー消費性能とは?

国が定める省エネ基準からどの程度消費エネルギーを削減できているかの指標(BEI)が表されます。再エネ設備のある・なしでも表示が変わります。

省エネ性能表示制度の再エネありなしの表示例

③断熱性能とは? 

断熱性能とは住宅内の熱(暖かさ、または涼しさ)の逃しにくさを表すUA値と、冷房を使うシーズンに日射から受ける熱の量を評価した数値ηAC値の2点から評価される指標です。7段階あり、2025年には等級4が最低基準となります。

④ZEH水準

ZEH水準を満たす性能であるかが表示されます。

ZEH水準を満たすことで適用される税控除の制度もありますから、ぜひチェックしたい項目です。

⑤目安光熱費

それぞれの住宅の省エネ性能に基づき想定される年間の光熱費の目安をシミュレーションしたものです。居住人数や地域区分の外気温なども考慮されています。

目安とはいえ具体的な金額が分かるため大変助かりますが、任意項目のため記載が無い場合もあります。

⑥ネット・ゼロ・エネルギー(ZEH)

④と似た項目ですが、第三者評価が無ければ表示ができません。ZEH水準の達成に加えて太陽光の売電を行うことでエネルギーの収支が0以下となる場合にチェックマークが表示されます。

⑦第三者評価か否か

BELSという第三者評価を利用しているか、事業者自身が値を入力して出力したラベルなのかが表示されます。

⑧建物名称

評価の対象が分かるよう、建物名称の記載が必須となっています。

『省エネ性能表示制度』を一つの目安に活用しよう

2024年4月に始まる『省エネ性能表示制度』についてご紹介しました。既にあった省エネ表示の制度が、消費者により届きやすくなることを期待します。それにはハウスメーカーだけでなく、仲介する不動産会社や 、賃貸管理事業者など業界を挙げての取り組みが必要となります。

マイホームは、立地、デザイン性、安全性など様々な要素が組み合わさった大きな買い物です。信頼できる専門家に相談し、後悔のない購入をしましょう。

購入のご相談はお近くの不動産SHOPナカジツまでお寄せください。

ナカジツの物件を見る▶

参照資料:建築物省エネ法に基づく省エネ性能表示制度事業者向け概要資料

関連する記事

空き家の固定資産税はどうなる

掲載日:2023.11.22

空き家の固定資産税は高くなる?空き家を所有している場合の注意点と対策

相続などで住宅を取得することがあります。自分で住むなら管理できますが、遠方にある住宅を、定期的に管理するのは難しいでしょう。管理不十分の住宅は倒壊の危険性が...[続きを読む]

掲載日:2023.10.25

マンション査定ではどこまで見る?不動産会社の査定のポイントを解説

マンション査定が高くなる裏技ってないの? 裏技ではないけど、 不動産会社がどこを見ているかを知ると、注意したいポイントがわかるよ。 マンションを売却し...[続きを読む]
離婚時の不動産売却

掲載日:2023.09.25

離婚時に持ち家を売却する最適な方法は?損をしないための注意点を解説

離婚時には、共同で積み上げてきた財産を、原則として半分ずつ分け合います。結婚後に購入した持ち家も財産分与の対象となり、どのように分けるか協議しなければなりま...[続きを読む]
不動産売却の相談

掲載日:2023.08.10

専任媒介とは?一般媒介契約との違いとメリットデメリットを紹介

不動産を売却するには、不動産業者と媒介契約を結ぶ必要があります。この媒介契約はモノを売ったり買ったりする売買契約とはさまざまな点で異なる契約です。そもそも媒介契...[続きを読む]
不動産の買取による売却とは

掲載日:2023.06.21

不動産買取とは?仲介との違いや、メリットデメリット、向いている場合を解説

今回は買取がテーマだよ! (ナカジツの人:不動産・住宅のことに詳しい。) カイトリってなに?トリ…?ぼくのことかな? ⋛⋋( ’Θ’)⋌⋚バサバサ (チ...[続きを読む]

  • 代表メッセージ
  • 経営理念
  • メディア情報
  • CM紹介
  • ナカジツについてもっと詳しく

ページの先頭へ

© 2006 Real Estate Shop Nakajitsu Co., Ltd.