戸建て・中古マンション・土地の情報TOPナカジツの「住まいのお役立ち情報」物件タイプフラットで開放的な平屋新築に住みたい!建てる時のポイントは?

フラットで開放的な平屋新築に住みたい!建てる時のポイントは?

フラットで開放的な平屋新築に住みたい!建てる時のポイントは?

掲載日: 2019.09.13

一般的な住宅は二階建てや三階建てで造られており、平屋と聞くとどこか古いイメージや高齢者が住んでいるイメージがあるかもしれません。ですが、近年は若い世代の方も新築の平屋を建てることが増え、少しずつ注目されるようになってきました。そこで今回は、フラットで開放的な平屋住宅のメリットやデメリット、抑えておきたいポイントなどを紹介していきます。

ナカジツの平屋住宅

平屋の相場価格

●平屋の方が案外お金がかかるってほんと?

・平屋が高くなりがちな理由

平屋の方が二階建てと比べ、一階層分だけ建てれば良いので安く済むかと思うかもしれません。ですが、実は平屋と二階建ての建築費用は安くなるどころか、平屋のほうが高くなることが多くあります。その理由は、一階層分だけで二階建てと同じようなスペースを確保しようとすると、ある程度の敷地が必要となり、土地代が高くなります。さらに、床面積が多いとその分だけ屋根が必要になるので、屋根代も高くなりがちです。また、日本では基本的に二階建てが主流であるため資材も二階建て用の資材が多くあるため安く仕入れることができますが、逆に平屋の資材は少ないため、必然的に資材費も高くなってしまいます。

・平屋の相場価格

平屋を購入しようと考えたとき、平屋の相場価格はいくらくらいなのか気になりますよね。どの地域に建て、どのような設備にするのかなどによって変動してきますが、平屋の坪単価は50万円~80万円前後といわれています。

・平屋と二階建ての比較

上記では平屋が高くなりがちな理由や相場価格などを書きましたが、その他の費用で平屋と二階建てを比較してみましょう

平屋と二階建ての比較
比較内容 平屋住宅 二階建て住宅
 坪単価の相場価格  50万円~80万円前後  40万円~70万円前後
 メンテナンス費  メンテナンス時に二階までの足場を組む必要がなく、一階層分だけのメンテナンスで済むため維持費を圧縮できます。  二階部分をメンテナンスするために足場を組む必要があったり、一階と二階の両方にトイレなどを設置している場合は更にメンテナンス費がかかってしまいます。
 税金  平屋の方が広い土地を必要とするため、その分だけ固定資産税が高くなってしまいます。  平屋ほど土地を必要としないため、固定資産税を多少は抑えることができます。

上記の表で税金について少し触れましたが、詳しくはこちらの記事をご覧ください

<関連記事>平屋か二階建てかで悩んでいる方必見!特徴や税金面の違いを解説

●平屋の価格を抑えるポイント

・シンプルな設計にする

間取りを複雑にしてしまうと、どうしても壁や廊下などを造る必要が出てきてしまいます。そうなるとその分だけ材料費などが高くなってしまいます。ですので、設計はできるだけシンプルにすることで費用を抑えることができます。

・平屋を得意とする会社に依頼する

平屋の相場価格のご紹介の時にもお伝えしたことですが、日本は基本的に二階建てが主流です。そのため、二階建て用の建材しかよういしていない会社が多く、平屋用の建材を取り寄せる分だけ高くなってしまいます。ですが、平屋の建設を得意とする会社に依頼することにより、取り寄せるだけの手間や費用がなくなります。そしてなにより、完成後に安心して暮らすことができます。

平屋住宅内覧

平屋のメリット・デメリット

●メリット

・無駄な動きがなくなる、効率的な暮らし

階段の上り下りがないため、全て一階だけで済ませることができ、非常にシンプルかつスムーズに動くことができます。効率良く家事を行うことができれば時間に余裕ができ、落ち着いて行動ができます。

・バリアフリー

階段が無いため、老後も安心して暮らすことができます。また、風邪を引いたりなど体調を崩してしまったときもバリアフリーの良さを実感できるかと思います。

・メンテナンス料の節約

上記の平屋と二階建ての比較でもご紹介しましたが、平屋はメンテナンスりょぐあ二階建てと比較すると安く済ませることができます。安く済む理由は、一階層分のメンテナンスを行うだけですので、少ない人件費や作業時間でメンテナンスを終えることができるからです。

・家族とのコミュニケーションがとりやすい

二階建てなどの場合、個人の部屋が違う階にあることが多く、顔を合わせる機会が少なくなってしまいがちです。ですが、平屋ですと全員が同じ階で生活するので顔を合わせる回数も増え、コミュニケーションがとりやすくなります。

・地震に強い

平屋は二階建てやマンションと比べるとシンプルな構造になっており、高さも低いので地震に強くなっています。地震大国といわれている日本ならではの注目しておきたいメリットです。

●デメリットと解消法

・プライバシーを守るのが難しい

二階建てとは違いフロアが分断されていないため、家族同士のお互いのプライバシーを守るのが難しくなってしまいます。

【解消法】裏を返せばメリットである家族とのコミュニケーションがとりやすいことに繋がります。もし、距離が近すぎると感じた場合は廊下を広めに確保して、各部屋の距離をとるなどすると良いでしょう。

・日当たりの確保

平屋は床面積が広いため屋根も大きく、どうしても光を部屋に取り込みにくくなってしまいます。
【解消法】天窓や高い位置に大きな窓を取り付けたり中庭を設置するなどの対応をして、光の取り込み口を確保することをおすすめします。

・防犯面の不安

一階層しかないため常に通行人と同じ目線になっており、下見などをしやすく侵入も容易に可能な環境にあります。
【解消法】窓ガスには防犯フィルムを貼り、簡単には割れないようにする。鍵を二重にして開けにくいようにする。外に砂利を撒き、足音がわかりやすいようにする。など、さまざまな箇所で対策することをおすすめします。

・収納できる面積が限られてしまう

一階層しかないため、どうしても物を収納できる面積が限られてしまいます。
【解消法】小屋裏に収納場所を設け、普段使わない物をしまうなどの対応をすれば、生活で使用するスペースを縮小することなく収納場所を確保することができます。

大きな窓を設置して光を取り入れる

愛知県・名古屋エリアで平屋をお探しなら

今回は平屋住宅についてご紹介させていただきました。コンパクトで暮らしやすいことから若い世代にも注目され始めた平屋住宅には、バリアフリーで家族とのコミュニケーションがとりやすいなど、温かみのある住宅になっています。もし、愛知県・名古屋エリアで平屋住宅をお探しでしたら、是非お近くの不動産SHOPナカジツまでご相談ください。お客様が快適に暮らせるお家探しのお手伝いをさせていただきます!

3階建てなら不動産SHOPナカジツ


関連する記事

掲載日: 2020.11.27

総二階建ての住宅ってどんな住宅?メリットが多くある総二階について

[caption id="attachment_52571" align="alignnone" width="640"] 不動産SHOPナカジツの『総二階...[続きを読む]

掲載日: 2020.11.27

マンションの管理組合って何?管理組合は必ず入らないといけないの?

「マンションは“管理”を買え」とはよく聞くフレーズですが、管理とはいったい何を行っているのでしょう。また、マンション購入者(区分所有者)全員が入らなければな...[続きを読む]

掲載日: 2020.10.23

マンションは地震に強い!?防災について知る

マンションって地震のときはどうなるの?中古マンションってどれくらい地震に耐えられるの?マイホーム購入において、災害への不安はマンションでも変わりません。気に...[続きを読む]

掲載日: 2020.10.16

マンションの水害リスクにはどう対応する?

集中豪雨、特にゲリラ豪雨と呼ばれる短時間に急激な雨が降ることがあります。また、〇〇年に1度の水害、といった災害が毎年のように起こっている日本。マンション...[続きを読む]

掲載日: 2020.08.28

リースバックの基本|リースバックの仕組みやメリット・デメリットなど解説

近年CMやテレビ番組でも紹介されるようになった「リースバック」。 売ったあとも住み続けられるというのが最大のメリットですが、一体どんな仕組みなのでしょうか...[続きを読む]

  • 代表メッセージ
  • 経営理念
  • メディア情報
  • CM紹介
  • ナカジツについてもっと詳しく

ページの先頭へ

Copyright (c) NAKAJITSU Co.,Inc. All Rights Reserved.