注文住宅を建てる時の相場は?予算別、住宅の特徴を解説

注文住宅を建てる時の相場は?予算別、住宅の特徴を解説

掲載日: 2019.09.26

家に生活を合わせるのではなく、生活に合う家を設計する、注文住宅。
趣味や好みのインテリアを住宅に反映できるので、完成するまでの過程も楽しいですよね。
しかし、何事も予算は付き物。できるだけ安く抑えたいですが、性能やデザインにもこだわりたいところ。
そこで、予算や敷地の大きさによってどのようなお家ができるのかまとめました。

 

注文住宅 秘密基地 子供部屋

注文住宅の費用内訳

大きく分けると3つ

注文住宅の購入費用は大きく分けて3つありますが、その中でも土地と建築費の割合をどのように分けるかで建物が大きく変わります。 立地も建物もどちらも選び難いですが、どちらに比重を置くかを事前にしっかり決めておくとハウスメーカーを選ぶ基準にもなるのでオススメです。

土地

地域にもよりますが、予算の中で多くの割合を占めるのが土地代です。 特に都心部や通勤に便利な場所は高額になる傾向があり、そもそもあまり土地が出回らなかったり狭小地であることも珍しくありません。 人気エリアで広さも十分あるのに比較的費用が抑えめな物件を見つけたとしても、地盤改良などの工事費用が高額で結局は相場とあまり変わらないなんてこともよくあります。 また、親族から土地を譲ってもらう場合や、すでに所有している場合は土地代は不要ですが、インフラ整備などの追加工事は必要になることが多いので、まったく費用がかからないということはあまりないかもしれません。

建築費

基礎工事や外構工事・設備工事など、建築に必要な全ての工事費用で、大体3000万円台が平均です。 ただ、大手ハウスメーカー・建築設計事務所・地域の工務店など、どこで建てるかによって費用が変わります。 (ナカジツの注文住宅「Asobi-創家」の平均建築費は2500~3000万円ほど) 家を複雑な形にしたり家具を造作したりすると費用はその分高くなりますが、妥協ばかりではせっかくの注文住宅の良さが無くなってしまいます。 費用をかけるところ・かけないところでメリハリをつけることが大切です。 後ほど低コストに抑えるためのポイントをお伝えします!

 

注文住宅 Asobiスミカ

 

手続き費用

住宅を購入した場合は建物の登記費用や不動産登記など登記費用がかかります。 その他、地鎮祭・ローン事務手数料・ローン保証料などなど。 (あらかじめ土地を所有している場合は不動産登記は不要です。) この手続き費用は注文住宅に限らず、住宅を購入した際は一律にかかり、住宅費用に対して10%ほどです。

その他費用

注文住宅の購入費用ではありませんが、家具家電代も忘れてはいけません。 すべて買い替える予定という方は100~150万円ほど予算取りしたほうが良いでしょう。

注文住宅の相場は?

住宅面積や建設費の全国平均

面積や建設費の相場を地域別で比較してみましょう。
※参考)住宅金融支援機構「フラット35利用者調査」

【建物のみ】
・全国 :126.8㎡/3,395万円  
・首都圏:125.3㎡/3,694万円
・近畿圏:127.5㎡/3,504万円
・東海圏:128.1㎡/3,458万円
・その他:127㎡ /3,228万円

【土地+建物】
・全国 :112.2㎡/4,113万円(+718万円)  
・首都圏:106.2㎡/4,775万円(+1081万円)
・近畿圏:111㎡ /4,227万円(+723万円)
・東海圏:115.1㎡/4,107万円(+649万円)
・その他:114.8㎡/3,762万円(+534万円)

建物のみを購入する場合と土地+建物を購入する方とでは平均718万円の乖離があり、地域別で費用が大きく異なります。
また、14㎡(4坪)ほど敷地が小さくなっているため土地から購入する場合は土地の大きさや建物の設備を抑えていることがうかがえます。
ナカジツの本社がある東海圏では、名古屋市内や豊田駅周辺(三河)は非常に人気が高く、近畿圏や首都圏に近い数値になることもありますが、知多地方などはそれよりも安価傾向にあります。

自身の予算に合わせて決められるのが注文住宅のメリット

●予算

上記のトピックスでもお伝えしたように、全国の注文住宅の平均面積は100㎡~120㎡(坪30~40坪)で、価格は3,000万円台が平均です。それを基準にみると、1,000万円や2,000万円は品質が劣っているように思われますが、そうではありません。 低価格・高品質はどのようにして実現するのか?そのカラクリをお伝え致します。

1,000万円台

設備や資材を低コストに抑え、シンプルな外観にすることで1000万円台でも注文住宅を建てることができます。 しかし、コストを抑えるからといって、品質が落ちるわけではありません。 むしろ凹凸がなくシンプルな形の家は土台が安定しやすく、密閉されるため設備を揃えなくても十分快適に暮らすことができます。 また、ナカジツでは設計・施工・現場管理を内製化することで中間手数料を削減し、リフォーム事業部など他の建築部門と連携することで資材を大量に仕入れ、資材コストの削減に繋げています。 

2,000万円台

ナカジツの注文住宅ブランド「Asobi-創家(スミカ)」での平均価格帯です。1,000万円よりも予算はありますが、希望を盛り込みすぎても予算オーバーになってしまうのでメリハリを付けて資材や設備を選びましょう。全て希望通りとはいかないかもしれませんが、デザインや設備の選択肢は広がる価格帯です。

3,000万円台

注文住宅を建てる上の全国の平均価格帯です。2,000万円台よりも選択肢がさらに広がるため、プランニングに時間がかかる価格帯です。 高価な設備を搭載したのに、あまり使わなかった、だともったいないですよね。 今後のライフスタイルを想像しながら家族と話し合うと、プランニングも楽しくなりますね。 また、Asobi-創家で3000万円台となると豪華な仕様に入ります。(画像は48坪の物件です) ↓

 

注文住宅 ナカジツ 3000万円台

 

4,000万円台

全国の注文住宅の平均面積(30坪~40坪)に対する予算とすると、使用できる設備や資材の幅も広がり一般的な家よりも豪華な家が建築できます。 ただし、少し変わった形の外観にすると長期優良住宅などが取得しにくくなる可能性もあります。デザインか性能か、どこにこだわるかは建築士さんと相談して決めましょう。

坪数

都心部になるほど1軒当たりの土地は小さくなる傾向がありますが、坪数の違いでどのように建物が変わってくるのでしょうか。それぞれ比較してみましょう。

30坪

2階建ての3LDKが一般的な間取りになります。 1階にLDKや水回りを集め2階を居室にすることで、家族の存在を近くに感じながら生活することができます。ただし、各部屋ごとの収納は小さくなるので、デッドスペースを有効活用できるように造作の棚などを付けると良いでしょう。

40坪

2階建ての4LDKが一般的な間取りです。 1階にもう1部屋作ることで、祖父母世代の部屋として、もしくはゲストルームにすることもできます。

50坪

2階建ての5LDKが一般的です。各部屋の収納も充実し、お風呂場や洗面所などにも十分な広さを確保することができます。 SICや広い土間を作るのも良いのではないでしょうか。大家族には嬉しい間取りです。 ただし、トイレが広すぎて子供が使いづらい、リビングが温まりにくいなど広すぎても不便な面が出てきますので、 デメリットを考慮して設備や間取りを決めましょう。

 

予算を決めるのが大事なポイント

なるべく低コストにするには

低コストに抑えるためにはどんなことが工夫できるのか、気になりますよね。 先輩施主様たちからの声を参考に事例を共有します!

1階と2階で同じ面積にする

家はできるだけシンプルな形にするとコストを抑えることができます。 複雑な形にするとその分、基礎にも負担がかかるため鉄筋を増やす必要があり、費用がかさみます。 一方、長方形・正方形のお家にすると土台もしっかりするため機能的にもコスト的にも良いお家になります。

水回りをなるべく一か所にまとめる

水回りをなるべく一か所にまとめることで、配管工事費用の節約に繋がります。 家中どこでも水が使えたほうが便利ですが、本当に必要かどうか、ご家族で相談してみましょう。

資材などの品質を考える

タイルや無垢材は非常に人気の資材ですが、全面に使用すると費用もその分上がってしまいます。 一部分だけアクセントにタイルを入れたり、1階のリビング部分のみ無垢材を使用するなどして工夫するとメリハリのあるお家に仕上げることができます。 資材や設備には、たくさんの種類があり、グレードによって値段も大きく異なります。 安くても見た目がよいものや機能的に優れた素材もたくさんあるので、高い素材はこだわりたい箇所を絞って使用することをオススメします。

トイレをタンクレスに

人気のタンクレスタイプは見た目もすっきりするためオシャレな空間になりますが、手洗い場を中に作る必要があるため別途水道工事が必要になります。タンク付きとは10万円ほど差が出てくるので、お客様が使用する1階はタンクレスタイプ・2階はタンク付きにするなど使い分けるとよいかと思います。

 

タンクレス タンク付き トイレ

 

既製品を利用する

オーダーメイドのキッチンや洗面台は非常にデザインに優れていますが、既製品よりも2~3倍ほどコストがかかることも。 今はリーズナブルでデザイン性が高い商品がたくさんありますので、いろいろなメーカーのショールームに出かけてみてください。

 

愛知県・名古屋エリアで注文住宅を建てるなら

注文住宅の費用は地域や個人によって大きく異なります。 高い設備を搭載しても、結局あまり使わなかった・・なんてことも。

注文住宅は家族の生活スタイルを想像しながら作る事がとても大切です。

当社では不動産売買で培った経験を注文住宅に活かすことで、住みやすくデザイン性の高いプランをご提案しています! さらに、設計・施工・現場管理も社内にて行い、リフォーム部門・分譲住宅部門と連携し資材を大量に仕入れているため、品質はもちろん、コスト面でもご満足いただいております! 土地のご相談も、注文住宅のご相談も不動産SHOPナカジツにワンストップでお任せください。

●不動産SHOPナカジツ Asobi-創家 


関連する記事

掲載日: 2020.05.29

狭小住宅って何?特徴的な間取りから得られるメリットは?

狭小住宅というと、「室内が狭い」「住みにくそう」というイメージがもしかするとあるかもしれません。 しかし近年、「都市部に家を持ちたい」「駅までの距離を重視...[続きを読む]

掲載日: 2020.05.28

新築vs中古 メリットやデメリット

新築か中古か。家探しをするにあたって、どちらか迷われる方も多いのではないでしょうか。価格の違い以外にも知っておきたい税控除の制度や思いがけず掛かる費用があり...[続きを読む]

掲載日: 2020.05.27

賃貸と持ち家はどちらがお得?ライフスタイルに合わせた暮らし方とは

「家賃を払うくらいなら、マイホームを購入した方が良いかもしれない」誰もが一度は考えたことがあるテーマなのではないでしょうか?「同級生が家を買ったと聞いて自分...[続きを読む]

掲載日: 2020.05.27

住宅性能評価とは?評価される10分野の性能項目を解説

戦後から高度経済成長期の住宅不足を補うため建築する時代を経て、現在では良質な住宅をつくり長く使おうという流れになっています。住宅は一般消費者にとって性能がわ...[続きを読む]

掲載日: 2020.05.26

セットバックの基礎知識~メリット・デメリット、注意点は?~

土地や住宅など、不動産物件を探していると耳にすることがある「セットパック」とは何なのでしょう。また、セットバックをすることのメリット、デメリットもご紹介しま...[続きを読む]

  • 代表メッセージ
  • 経営理念
  • メディア情報
  • CM紹介
  • ナカジツについてもっと詳しく

ページの先頭へ

Copyright (c) NAKAJITSU Co.,Inc. All Rights Reserved.