戸建て・中古マンション・土地の情報TOPナカジツの「住まいのお役立ち情報」物件タイプ坪単価の平均はどのくらい?ハウスメーカーと工務店はどちらが安い?

坪単価の平均はどのくらい?ハウスメーカーと工務店はどちらが安い?

坪単価の平均はどのくらい?ハウスメーカーと工務店はどちらが安い?

掲載日: 2019.09.20

注文住宅

注文住宅を建てるにあたって、ハウスメーカーや工務店を選ぶ目安ともされる「坪単価」ですが、一体どれくらいが相場なのでしょうか。
また、ハウスメーカーと工務店、よく比較がされますがどちらがよいのでしょう。今回はそんな疑問について調べてみました。

愛知県・福岡に20店舗以上!土地探しは不動産SHOPナカジツにお任せください。
>>愛知で土地を探す >>福岡で土地を探す

坪単価の基本

坪単価とは

坪単価とは一坪(約3.3m2)あたりの建築費をいいます。坪単価の計算方法は「建物の本体価格」を「延床面積」で割ることで出てきます。
例えば建物の価格が1200万円で延床面積が30坪の場合、1500万÷40坪=50万円ということになります。

しかし、坪単価の算出するための「延床面積」の定義には共通のルールがないため、坪単価を業者選びのための比較基準として使うには注意が必要です。なぜ坪単価があてにならないか?は後述しますのでご覧下さい。

坪単価の相場は

大手ハウスメーカー

大手ハウスメーカー

大手ハウスメーカーでも、ローコスト住宅が得意なメーカーと、高性能な高価格帯のメーカーが存在します。
ローコスト注文住宅は坪単価2、30万円~50万円というのが一般的なようです。有名どころではアエラホーム、アイダ設計、アイフルホーム、タマホームなどがあります。
各大手ハウスメーカーや工務店からローコスト価格帯での商品が展開されており、そのコスト削減の方法も様々です。例えば建材、設計デザインをシンプルにし、施工費を抑える方法などがあります。

高価格帯のハウスメーカーは坪単価70万円以上になります。住友林業、三井ホームズ、ヘーベルハウスなどは坪単価90万円以上にもなるようです。キッチンや浴室、トイレといった標準設備のグレードも高くなりますし、高断熱・高気密の高性能の住宅を得意としています。

関連記事:ローコスト住宅ってどんな家?契約するときの注意点は?

工務店

工務店

工務店に依頼した場合、坪単価50万円~が多いようです。一般的に、大手ハウスメーカーの7割程度の金額で同じ設備の住宅が建てられると言われています。
住宅金融支援機構のデータによると、「フラット35」を利用し建築または購入した住宅の全国平均の坪単価は約88.2万円でした。愛知県だけに絞ってみると約90.4万円となります。

一方、国土交通省の2018年統計データからは一坪当たりの工事予定額は全国では64万円/坪、愛知県では71万円/坪となりました。国土交通省データでは分譲住宅の価格もあり、そちらは50万円/坪となっていました。

低価格をウリにしている業者に関してはサイトや、営業の説明からどのようなコストの抑え方をしているかを確認し、納得いくまで調べることが比較のためには必要です。

出展:2018年建築着工統計調査(国土交通省総合政策局)
(新築住宅)利用関係別、建築主別、建て方別(住宅の工事費)/戸数、床面積、工事費予定額、1戸あたり工事費予定額、1平米あたり工事費予定額

ハウスメーカーのほうが工務店より高い理由

一般的に同じグレードの住宅を建てたとしても、大手ハウスメーカーで建築したほうが割高な坪単価となります。それには下記のような理由があるからなのです。

モデルハウスの人件費

住宅ショールームの対応スタッフ

大手ハウスメーカはアクセスの良い(地価の高い)エリアにショールームを持っていたり、展示場にモデルハウスを保有しています。
そういったモデルハウスなどにかかる費用はもちろんですが、常時スタッフを配置しているため人件費も必要です。

維持管理費

耐震テスト

地域密着の工務店であれば、ある地域に限定して営業を行うため出張費や電話代、通信費などの経費が抑えられます。全国を対象とするハウスメーカーよりも価格が安く抑えられるわけです。
また、大手ハウスメーカーでは建材や設備、新しいライフスタイルを提案するような住宅など商品開発を行っています。耐震・免震のための実物大実験は大手ハウスメーカーでなければできないでしょう。そうした調査、研究開発には多くの人と費用が必要です。

宣伝広告費

一番のポイントは、やはり広告宣伝費でしょう。テレビCMには有名タレントを起用しますし、その他様々な媒体に広告を打っています。住宅関連大手企業の広告を見ない日はないほどです。集客のために各大手ハウスメーカーは莫大な費用を投じているのです。

坪単価をみるときのポイントは

企業によって単価に差がある理由

坪単価に含まれるもの、含まれないもの

坪単価の定義はとても曖昧です。
メーカーによって坪単価に含まれる費用は様々ですが、売り手側の心理としては少しでも安くお得に見せたいものです。手数料や外構などの費用は含まれていないことが多いのです。

本体工事にどこまで含まれるか

坪単価の曖昧さの原因の一つに、建築費をどこまでと定めるかが明確になっていない、という点が挙げられます。
例えば、分譲住宅を購入した際は基本的にクーラーはついていません。雨戸やカーポート、カーテンレール、照明器具も追加工事が必要な場合があります。それらは坪単価の計算に入っていないことが多いのです。

施工面積と延床面積の違い

「坪単価」の算出は各ハウスメーカー、工務店によって違いがあるため、どのように値を出しているか確認するようにしましょう。
坪数が大きいほど単価が下がることになりますので、延床面積にベランダやポーチなど、通常の延床面積に加えない箇所をプラスしたものを総合施工床面積として坪単価を算出する方法が一般的です。

坪単価を抑える方法

内装よりも外装が大事

意外ですが、坪単価を抑えるためには外壁や外構(門や塀)に注目します。

1階と2階の床面積を同じにする

二階建て住宅

同じ床面積であればシンプルな四角に近い外観の方が凹凸が少なく外壁量が少なく済むため建材、工期(人件費)ともに抑えることができます。正方形に近い形であれば外壁の面積が少なくなりコストが低くなります。

壁紙など、あとからすぐ変えられる箇所を安価なものにする

壁紙(クロス)の張替え時期は一般的には5年~10年といわれており、較的短い期間で張替えのタイミングとなります。そのため坪単価を抑えるためには消耗の激しい箇所である壁紙に費用を掛けすぎないよう気を付けるべきなのです。

その他にも、キッチンや洗面、浴室なども15年から20年程度で傷み交換となるため(特にお子さんが小さいと、傷みも早いです)初期の設備は安価なもので済ませると割り切るのも選択の一つです。浮いた分の費用を断熱性能を上げるなど後から交換が効かない箇所に回してもよいでしょう。

屋根は「片流れ」で初期費用を抑えられる

初期費用だけを抑えたい場合は、面積が少なく雨樋など建材が少なく済む「片流れ」がよいでしょう。
今後のメンテナンスを考えた際は、雨漏りやリフォームを考えた場合は「切り妻」がよいかもしれません。
隣家の日照に影響をあたえず、北側斜線制限などに引っかからなければ外見がシンプルな総2階にしましょう。シンプルなほうが価格が抑えられます。

片流れ屋根と切り妻屋根

<関連記事>一戸建ての屋根の形と屋根材の種類や選び方

建設費全体をあらかじめ把握する

費用の上限は安易に引き上げるべきではありません。無理なローンを組んでは、せっかく手に入れたマイホームでの暮らしも理想のものではなくなってしまうでしょう。
また、全体を見れば家を手に入れる際に必要な費用は建物本体の建築費だけではありません。車庫や外構といった付帯工事、税金やローン手数料、家具を新調するなども重要でしょう。どうしても設備やデザインなどで譲れない箇所があれば、他にどこが削れるか検討し、建設費全体の費用を意識したプランが作成できるようにしましょう。

坪単価だけで業者を決めない

いかがだったでしょうか。わかりやすいようで曖昧な基準である「坪単価」の攻略法が見えてきたでしょうか。業者を選定する際には下記のような点にも注意しましょう。

複数社に見積もりをお願いする

相見積もり

注文住宅を検討する際、複数社に見積もりを依頼することは当然ですが、今回述べたように坪単価は各メーカ―、工務店によって基準が異なる基準であることを念頭に置いて比較しましょう。
また、当たり前のことですが、一つのハウスメーカー内で展開しているグレード別の商品に関しては坪単価などは比較対象として有効です。坪単価80万円のものに対し坪単価60万円であれば当然安い商品となります。

将来のメンテナンスも考慮する

住宅のメンテナンス

住居に住み始めてからが本番です。初期コストは高額で坪単価が高くなっても、その後のメンテナンスやランニングコストに手間と費用が掛からなければ長い目で見たトータルコストは安く抑えられるということもあります。例えば、坪単価が高くなっても断熱性、気密性の高い住宅であれば光熱費を安く抑えることができるでしょう。使われている外壁材や屋根、その他の設備なども確認するようにしましょう。
また、住宅は購入後、住み始めてからが本番です。アフターメンテナンスなどのフォローが、どのようになっているか、比較する各ハウスメーカー、工務店の担当に確認しておきたいポイントです。

<関連記事>一戸建ての維持費はいくらになる?知っておきたい維持費について

予算に見合っているか確認する

予算の金額

坪単価は目安ですので、最終的な判断は予算に基づいて決定しましょう。予算からオーバーしてしまった場合、先にご紹介した坪単価を抑えるヒントを参考にしてみてください。

愛知県・名古屋エリアで注文住宅を建てるなら

いかがだったでしょうか。坪単価とはわかりやすい目安のようで、中身は各ハウスメーカー・工務店によって異なり、比較のためには調査が必要です。どんな数字も、安易に信用せずどんな性質のものか、出所を確かめなければいけませんね。
さて、愛知県・名古屋エリアで注文住宅をご検討中なら、複数の建築士があなたのライフスタイルに合ったプランをご提案する「設計コンペ方式」が大好評のAsobi創家はいかがでしょうか。

注文住宅のAsobi創家

愛知県・福岡に20店舗以上!土地探しは不動産SHOPナカジツにお任せください。
>>愛知で土地を探す >>福岡で土地を探す


関連する記事

掲載日: 2020.08.28

リースバックの基本|リースバックの仕組みやメリット・デメリットなど解説

近年CMやテレビ番組でも紹介されるようになった「リースバック」。 売ったあとも住み続けられるというのが最大のメリットですが、一体どんな仕組みなのでしょうか...[続きを読む]

掲載日: 2020.08.07

定期借地権付きの土地~定期借地権がついていることのメリット・デメリットなどを解説

不動産の広告や資料で見かける「定期借地権」とは何でしょうか?どのような種類があるのか、それぞれどのようなメリット・デメリットがあるのかご紹介し、ご自身のライ...[続きを読む]

掲載日: 2020.07.24

安い土地には理由がある。土地購入前に知っておきたい土地と価格の関係

不動産のポータルサイトや新聞の折込チラシを見ていると、相場より明らかに安い土地が掲載されていることがあります。土地を探している人から見ると「これは掘り出し物...[続きを読む]

掲載日: 2020.06.29

戸建て・マンションどちらがいいの?費用・生活面・資産価値を徹底比較!

マイホームを持ちたい!となった時に、戸建てかマンションかという比較がよくされます。「絶対に庭が欲しい」ですとか「駅近は譲れない」または予算などの条件によ...[続きを読む]

掲載日: 2020.06.23

リフォーム済み物件を選ぶときの注意点は?メリットやデメリットを良く理解して購入しよう

リフォーム済み物件とは、前住民の退去後、内装や設備などをきれいにリフォームしたうえで販売されている物件です。中古住宅を購入するとき、自分でリフォームするべき...[続きを読む]

  • 代表メッセージ
  • 経営理念
  • メディア情報
  • CM紹介
  • ナカジツについてもっと詳しく

ページの先頭へ

Copyright (c) NAKAJITSU Co.,Inc. All Rights Reserved.