戸建て・中古マンション・土地の情報TOPナカジツの「住まいのお役立ち情報」構造・建築基準べた基礎、布基礎とは?比較とメリット・デメリットを解説!

べた基礎、布基礎とは?比較とメリット・デメリットを解説!

べた基礎、布基礎とは?比較とメリット・デメリットを解説!

掲載日:2019.12.17

皆さまは、お家を建てようと考えたときにどの部分に注目しますか?ついつい間取りや外観などに注目しすぎて基礎の部分はそこまで、、、という方が中にはいらっしゃるかと思います。住宅において基礎の部分とは、地面と建築物とのつなぎ部分のことを指します。また、基礎と土台を間違えがちですが、基礎はコンクリート状の部分、土台は基礎の上に乗っている素材のことを指します。家を支える役割を持ち、住宅の耐久性を左右すると言えるくらい重要な基礎ですが、「べた基礎」と「布基礎」の二種類の造り方が一般的です。そこで今回は、「べた基礎」と「布基礎」を比較し、お互いのメリットとデメリットをご紹介していきます。

工事

下に見えるコンクリート部分が基礎、上に見える素材が土台です

べた基礎とは

べた基礎とは住宅の底面全体に鉄筋コンクリートを流し込んだ基礎のことです。住宅を建てたり地盤が弱い際に採用されることが多いです。布基礎に比べ、コンクリートと鉄筋を使用する量が多いです。

ベタ基礎

メリット

不同沈下が起こりにくい

底面全体で建物を支えるため不同沈下が起こりにくい基礎になっており、耐震性にも優れています。

シロアリ被害を防げる

地面全体をコンクリートで覆っているため地面から上がってくる湿気やシロアリを防ぎやすくなっています。

デメリット

コストが高くなる

布基礎と比べ、使用する鉄筋コンクリートの量が多いためコストが高くなってしまいます。

コンクリート内の鉄筋によって強度が変わる

コンクリート内にある鉄筋の数によって強度が変わります。鉄筋が多ければ多いほど強くなりますし、費用も高いです。べた基礎だから大丈夫!と思っていても、実は鉄筋が少ないため通常よりも脆いということもありますので、べた基礎を採用した際には、鉄筋がどれくらいあるのかをきちんと確認しましょう。

布基礎とは

布基礎とは、地面に逆T字型にコンクリートを打ち込み基礎にする方法で、べた基礎と比べて地面の奥深くまで鉄筋コンクリートを入れるのが特徴です。布基礎という名称から、布を使用しているかと思うかもしれませんが実際に布は使用されておらず、布基礎が長い布の繊維に見えるから布基礎と呼ばれるようになったなどいわれています(諸説あり)。

布基礎

メリット

べた基礎と比べてコストが安く済む

布基礎はべた基礎と比べて使用する鉄筋コンクリートの量が少ないので、コストを抑えることができます。

点で支えるため、べた基礎より頑丈な箇所もある

布基礎は点で支え地面の深くまで入っているため、ポイントによってはべた基礎よりも高い強度を誇ります。

デメリット

耐震性はべた基礎より劣る

面で支えるべた基礎と比べ、布基礎は点で建物の荷重を支えるため、どうしても耐震性で劣ってしまいます。

シロアリが侵入しやすい

布基礎は隙間が大きいため、シロアリが侵入しやすくなっています。防蟻処理された資材などを使用して、対策をとることをおすすめします。

湿気がこもりやすい

布基礎と家の間には何もないため、そこに湿気がこもりやすくなってしまいます。湿気を逃がすための通気口を作ると、冬場には冷たい空気が入り込み、床冷えの原因になります。

べた基礎と布基礎のどちらがいいのか

べた基礎と布基礎、どちらが良いのかというと耐震性が優れているべた基礎に軍配が上がりがちですが、寒冷地の場合は布基礎の方に軍配が上がります。その理由は、寒冷地では凍結深度より深く施工する必要があり、布基礎は奥深くまで鉄筋コンクリートを根入れすることができるからです。このように、家を建てる地域の気温や地盤などによって合う基礎が異なるので、安易にべた基礎を選ばず、相談しながら土地に合う方を選ぶことをおすすめいたします。

注文住宅

住宅が建った後でも外から基礎は見えますが、中までは見れないので建築中に確認するようにしましょう。

愛知で注文住宅を建てるならナカジツへ

今回は、家を建てる際に知っておきたい基礎の部分についてご紹介させていただきました。
基礎の重要さについて少しでも覚えていただけたら幸いです。
もし、愛知県で注文住宅を建てる予定がある方は、是非お近くの不動産SHOPナカジツまでご相談ください。
お客様のライフスタイルや趣味に合わせたプランをご提案させていただきます!

3階建てなら不動産SHOPナカジツ


関連する記事

耐震強度3とは

掲載日:2021.05.27

耐震等級3とはどれくらい?地震に強い家とは?

マイホームを建てるとき、ハウスメーカーのホームページやパンフレット等で「耐震等級3」というワードを目にすることがあるかと思います。地震への強さを示す指標ですが、...[続きを読む]
延床面積とは

掲載日:2020.12.24

延べ床面積とは?家を広く感じさせるための工夫

マイホームを建てるなら、なるべく広くしたいですよね。土地の容積率によって建てられる床面積の上限は決まっていますが、延べ床面積に算入されない部分をうまく使って...[続きを読む]

掲載日:2020.12.23

第一種・第二種低層住居専用地域って何?注意すべきポイントは

日本の住宅地は高級な住宅が建ち並んでいる閑静な住宅地から店舗や工場も混在する住宅地までさまざまです。このように街並みが分かれるのはいくつかの理由がありますが...[続きを読む]

掲載日:2020.12.23

第一種・第二種中高層住居専用地域とは?建てられるものや特徴について解説

日常生活においてあまり意識することはありませんが、実は住環境を左右するほど重要なポイントとなる『用途地域』。 住居系用途地域と商業系用途地域、工業系用...[続きを読む]

掲載日:2020.12.22

第一種・第二種住居地域とは?住居専用地域との違いも解説

家を建てる際、まず初めにこだわるのが家を建てる場所、つまり【土地選び】。立地や生活環境を考えて選ぶことはもちろん大切ですが、実は、土地の区分けによって建てら...[続きを読む]

  • 代表メッセージ
  • 経営理念
  • メディア情報
  • CM紹介
  • ナカジツについてもっと詳しく

ページの先頭へ

Copyright (c) NAKAJITSU Co.,Inc. All Rights Reserved.