戸建て・中古マンション・土地の情報TOPナカジツの「住まいのお役立ち情報」おカネRC造(鉄筋コンクリート構造)住宅の坪単価はいくら?他の構造より高い?

RC造(鉄筋コンクリート構造)住宅の坪単価はいくら?他の構造より高い?

RC造(鉄筋コンクリート構造)住宅の坪単価はいくら?他の構造より高い?

掲載日: 2020.04.27

皆様は、RC造という言葉を聞いたことがあるでしょうか?RC造とは、鉄筋コンクリート構造の略称となっています。RC造はマンションやビルなどで用いられることが多いのですが、耐久性能が高いため、戸建住宅にも使用されることが増えてきました。
そこで今回は、RC造の坪単価や、RC造で住宅を建てる際のポイントなどをご紹介します。

そもそも坪単価とは?

考える人

まず、RC造の坪単価をご紹介する前に、そもそも坪単価とはどうやって算出しているのかについて説明します。
坪単価とは、建物の床面積1坪あたりにかかる建築費用のことで、建物の本体価格を延床面積で割って計算します。
例として、建物の本体価格が4,000万円、延床面積が50坪である場合は「4000万円÷50坪=80万円」として、坪単価が80万円と算出することができます。
また、坪単価には別途工事費や諸経費が含まれていないことが一般的であるため、坪単価と実際の費用には差が出てきてしまいますのでご注意ください。

RC造の坪単価は?

上記では坪単価の算出方法について説明しましたが、ここからは本題であるRC造の平均坪単価をご紹介します。また、比較ができるように木造と軽量鉄骨造の平均坪単価もご紹介しますので、是非ご参考にしてください。

木造の坪単価

木造は日本では最も多い造りになっており、坪単価も他の造と比べて安価になっております。

  • 【坪単価】
  • 全国平均…55万円~65万円
  • 東京都平均…65万円~70万円
  • 大阪府平均…57万円~62万円
  • 福岡県平均…54万円~59万円
  • 愛知県平均…60万円~65万円

木材

軽量鉄骨造の坪単価

鉄骨造は軽量鉄骨造と重量鉄骨造があります。今回は、戸建に使用されることの多い軽量鉄骨造の平均坪単価をご紹介します。

  • 【坪単価】
  • 全国平均…78万円~83万円
  • 東京都平均…93万円~98万円
  • 大阪府平均…77万円~82万円
  • 福岡県平均…73万円~78万円
  • 愛知県平均…78万円~83万円

鉄

RC造の坪単価

頑丈で耐火性や耐震性に優れています。木造や鉄骨造と比較すると高価になってしまいますが、資産価値も高いため注目されています。

  • 【坪単価】
  • 全国平均…82万円~87万円
  • 東京都平均…115万円~120万円
  • 大阪府平均…87万円~92万円
  • 福岡県平均…82万円~87万円
  • 愛知県平均…88万円~93万円

コンクリート

構造ごとの耐用年数からみる坪単価比較

  • 【自己居住用住宅の法定耐用年数】
  • 木造…33年
  • 軽量鉄骨造…40年
  • RC造…70年

上記の説明でもわかるように、RC造の法定耐用年数は木造の倍以上あります。購入時の金額だけを見ると高く感じてしまいますが、長い目で見るとRC造の方が最終的な価値が高いです。

RC造で住宅を建てるメリット

耐用性

法定耐用年数が圧倒的に長いため資産価値も高く、建物自体も頑丈であるため長く住むことができます。

デザインの自由度

RC造は基本的に鉄筋で型をとってコンクリートを流し込んで建ててため、デザインの自由度も高いです。
個性的で美しいファサードの住宅に住んでみたいという方にもおすすめです。

耐火性

コンクリート壁が熱に強いので、RC造は1000℃の熱さにも数時間の耐久が可能と言われています。木造や鉄骨造であれば全焼や倒壊をしてしまうおそれがある火災でも、RC造は焼けることはありません。建物が密集して火災が燃え移る可能性がある住宅街でも安心して住めるのではないでしょうか。

防音性

素材が重ければ重いほど遮音性が高いため、重くて硬いコンクリートを使用しているRC造は防音性に優れています。
自宅で音楽を流したりパーティーを開いたりして近所迷惑にならないか気になる方にも是非ご注目していただきたいです。

耐震性

コンクリートが圧縮される力に強く、鉄筋の引っ張る力に強い特性を併せ持つため地震にも強いです。また、鉄筋コンクリート自体も重量があるため揺れも少ないです。

気密性

RC造は一部屋一部屋の気密性が高いため冷暖房も効きやすいです。省エネにも期待できるため、電気代などの節約もできます。

また、下記のリンク先にRC造についてもう少し詳しく書いてありますので、是非ご参考にして下さい。
RC造とは?建築構造の種類と違い・メリット・デメリットを解説

頑丈で美しいRC造

今回は、RC造の坪単価やメリットをご紹介させていただきました。
購入時の坪単価だけを見てしまうとやはりなかなか手を出しにくい金額にはなってしまうものの、長い目で見たときの耐久性や資産価値、そして美しいファザードは魅力的です。
弊社もRC造の分譲住宅を取り扱っておりますので、RC造が気になった方は是非下記のバナーからご確認ください。

RC造ならナカジツ


関連する記事

掲載日: 2020.11.25

隣地購入の流れやメリット・デメリットを解説

隣地を購入すると面積も増え、利用効率が上がる場合があります。ですが、そうした取引は頻繁に行われているわけではありません。メリットも多い反面、デメリットや障害も多...[続きを読む]

掲載日: 2020.11.18

共有名義の住宅における住宅ローンなどのメリット・デメリットとは

住宅を取得する際、夫婦や親子などの共有名義とすることができます。当初は単独名義で考えていたが、借入金額を増やすために共有名義を勧められた方もいらっしゃるので...[続きを読む]

掲載日: 2020.10.30

太陽光発電設置で住宅ローン控除になる?対象条件について解説

 近年、太陽光発電設備を設置している住宅が増えてきました。 以前は、太陽光発電設備で発電をして、電力会社がいい値段で買い取ってくれていた時期がありましたの...[続きを読む]

掲載日: 2020.10.21

太陽光発電の補助金はいつまでもらえる?これから設置しても遅くない?

太陽光発電の設置には、大きな費用が必要です。そこで気になることの一つが、補助金はもらえるのかということ。ニュースなどで国からの補助金が廃止されたと耳にするこ...[続きを読む]

掲載日: 2020.10.19

マンションにおいて火災保険は必要?補償範囲、補償内容は?

住宅を購入する場合、火災保険の加入について検討します。住宅ローンを利用する場合、少なくとも返済期間中の加入が融資条件の一つとなっています。そのため、火災保険...[続きを読む]

  • 代表メッセージ
  • 経営理念
  • メディア情報
  • CM紹介
  • ナカジツについてもっと詳しく

ページの先頭へ

Copyright (c) NAKAJITSU Co.,Inc. All Rights Reserved.