固定資産評価証明書とは?いつ必要になる?

固定資産評価証明書とは?いつ必要になる?

掲載日: 2020.04.24

マイホーム購入後の維持費の1つである固定資産税。
この固定資産税額を正式に証明するために「固定資産税評価証明書」という書類があるのはご存知でしょうか。
毎年支払いのために市町村から送られてくる通知とは異なり、固定資産税評価証明書は各市区町村の役場にて申請しないと受け取れない書類です。
そこで、今回はどんな時に必要となるのか、またその申請方法とは?についてお伝えしていきます!

住宅の固定資産税

固定資産税とは

固定資産税は、土地や建物など不動産を所有している方に毎年課税される税金のことを指します。市区町村が行う不動産評価を基に税額が計算され、納税者は税額の通知に基づき納付することになっています。
固定資産税の支払い方法に関しては下記のコラムをご確認ください。

<関連記事>
固定資産税とは?支払いのタイミングはいつ?

また、固定資産税額の算出方法については下記にて記載しています。

<関連記事>
固定資産税の路線価とは?その概要や算出方法を解説

固定資産評価証明書とは

用途

固定資産税評価証明書の提出が求められる場面として主に2つ挙げられます。

1、登録免許税の算定

土地や建物を相続・贈与・購入した際にはその所有権を得るために速やかに登記申請(名義変更)を行う必要がありますが、その際の費用(税金)として登録免許税の支払いが必要となります。
この登録免許税は一律に決められているものではなく、登記対象の評価額によって異なります。
そのため、登録免許税の算定に必要な書類として、固定資産税評価証明書の提出が求められます。

2、相続税・贈与税申告

相続税や贈与税も同様に、譲り受ける財産価値によって支払う税額がことなります。
その際に不動産や建物の評価額は固定資産税評価証明書をもとに算定されるため、相続・贈与申告をする際に添付が求められます。

申請先

固定資産税の納税先の各市町村の役所にて申請することができます

●名古屋市の場合

市税事務所(出張所)、もしくは区役所(支所の税務窓口)など
名古屋市内の各市税事務所の所在地はコチラ(市税に関する証明についてのお問い合わせ先⇒http://www.city.nagoya.jp/zaisei/page/0000075276.html)からご確認いただけます。

●それ以外の地域の場合

基本的には各市町村に所在する市税事務所にて取り扱っています。
お近くの市役所・区役所ホームページにてご確認ください。

申請方法

■窓口

各市町村の窓口へ必要書類を持参し、申請してください

■郵送

納税先とは離れたところにお住まいなど、窓口へ行けない場合は郵送での申請も可能です。
ただし郵送の場合は原則としてご本人以外の申請はできません。
各市町村のHPに申請書類のダウンロードリンクや必要書類などが提示しているため事前に確認・用意しましょう。

  • <名古屋市の場合_必要書類>
  • ・証明の申請書
  • ・運転免許証など、申請者ご本人の確認書類の写し
  • ・手数料分(300円)の定額小為替
  • ・返信用封筒
  • ・その他申請に必要な書類

申請できる人

申請者には下記のいずれかの条件が必要となります

・ご本人
 ※相続人、納税管理人を含む

・ご本人の委任状、もしくは承諾書を持参する

・配偶者、もしくは親族で本人から依頼があったと認められる方
 ※住民票上で世帯が同じであることが必要

・借地人もしくは借家人
 ※有償契約を交わしている方に限る

・固定資産税の賦課期日(1月1日)後に所有権を取得した方

申請手続きに必要な持ち物(名古屋市の場合)

身分証明書

誰が申請するかによって必要な持ち物が異なるため、事前に確認しておきましょう

■ご本人の場合

※相続人、納税管理人を含む
・窓口に行く方のご本人確認書類(運転免許証やマイナンバーカードなど)

■ご本人以外の場合

・委任状、もしくは承諾書
・同一世帯の配偶者および親族あることを確認できる書類(住民票の写しなど)

■借地人もしくは借家人 ※有償契約を交わしている方に限る

・有償で借り受けていることが確認できる書類(賃貸契約書など)

■固定資産税の賦課期日(1月1日)後に所有権を取得した方

・所有権移転を確認できる書類
⇒登記事項証明書(インターネット印刷は不可)、売買契約書、売却許可決定通知書など

■相続人

・戸籍や遺産分割協議書

■その他必要な書類

・申請書(窓口やダウンロードにて発行)
・証明手数料(証明発行窓口にて発行)

手数料

各市町村によって手数料は異なりますが、300~400円ほどです。
事前にHPなどで確認し現金を用意しましょう。

<名古屋市の場合>

・1年度/300円
※東日本大震災被災者の方は手数料不要です。
被災証明書もしくは被災証明書持参のうえ、市税事務所・出張所、区役所・支所の税務窓口へお越しください。

固定資産評価証明書の見本

固定資産税評価証明書の見本

さいごに

固定資産税にも正式な証明書があり、住宅購入後は支払い申請のために必要となる書類になるため事前に申請方法や必要書類などまとめておくとスムーズに進められるでしょう。
不明点や質問などある場合は、お近くの不動産SHOPナカジツへ気軽にお越しください!


関連する記事

掲載日: 2020.11.25

隣地購入の流れやメリット・デメリットを解説

隣地を購入すると面積も増え、利用効率が上がる場合があります。ですが、そうした取引は頻繁に行われているわけではありません。メリットも多い反面、デメリットや障害も多...[続きを読む]

掲載日: 2020.11.18

共有名義の住宅における住宅ローンなどのメリット・デメリットとは

住宅を取得する際、夫婦や親子などの共有名義とすることができます。当初は単独名義で考えていたが、借入金額を増やすために共有名義を勧められた方もいらっしゃるので...[続きを読む]

掲載日: 2020.10.30

太陽光発電設置で住宅ローン控除になる?対象条件について解説

 近年、太陽光発電設備を設置している住宅が増えてきました。 以前は、太陽光発電設備で発電をして、電力会社がいい値段で買い取ってくれていた時期がありましたの...[続きを読む]

掲載日: 2020.10.21

太陽光発電の補助金はいつまでもらえる?これから設置しても遅くない?

太陽光発電の設置には、大きな費用が必要です。そこで気になることの一つが、補助金はもらえるのかということ。ニュースなどで国からの補助金が廃止されたと耳にするこ...[続きを読む]

掲載日: 2020.10.19

マンションにおいて火災保険は必要?補償範囲、補償内容は?

住宅を購入する場合、火災保険の加入について検討します。住宅ローンを利用する場合、少なくとも返済期間中の加入が融資条件の一つとなっています。そのため、火災保険...[続きを読む]

  • 代表メッセージ
  • 経営理念
  • メディア情報
  • CM紹介
  • ナカジツについてもっと詳しく

ページの先頭へ

Copyright (c) NAKAJITSU Co.,Inc. All Rights Reserved.