その症状、シックハウス症候群?症状や原因、対策を紹介

その症状、シックハウス症候群?症状や原因、対策を紹介

掲載日:2020.01.29

みなさんはシックハウス症候群という言葉をお聞きしたことはありますか? 住宅の環境が原因で発症してしまう症状のことで、最悪の場合は死亡する可能性もある恐ろしい症状です。 今回は、シックハウス症候群の原因と症状、そして予防方法などについてご紹介していきます。

シックスハウス症候群とは

シックハウス症候群とは住宅の高気密化が進むことによって室内の空気の循環が上手くいかなかったり、建材や家具、防腐剤などから発生する化学物質による空気汚染などが原因で発症する症状です。厚生労働省がシックハウス症候群の予防や対策について案内をしていますが、まだ認知度が低いため周囲の方からの理解を得ることが難しかったり、症状は個人によって差があるのでシックハウス症候群と気づくのに時間がかかったりします。

<関連記事>第一種換気と第三種換気はどちらがいいか 換気システムの選び方

シックスハウス症候群の症状

シックハウス症候群によって起きる主な症状は様々で、中には花粉症や寝不足と勘違いしてしまうような症状などもあるため、よくご確認ください。

・蕁麻疹(じんましん)、湿疹ができる。皮膚がかゆくなる
・倦怠感、疲れやすい
・眩暈や吐き気、嘔吐をする
・頭痛、喉がイガイガする
・目や鼻などの粘膜が乾燥する
といった症状があります。

シックハウス症候群

シックスハウス症候群の原因

シックハウス症候群の原因は住宅の環境と化学物質と上記で説明しましたが、どのような環境がいけないのか、化学物質がどの建材に含まれているのかをご紹介していきます。

湿度が高い

湿度が高いとカビが生え、カビを大好物とするダニが増えます。ダニの死骸や糞が症状を起こす原因となります。

高気密

高気密が故に、石油ストーブやガスストーブなどから排出される汚染物も室内にたまりやすくなってしまいます。

化学物質

新築の家やリフォームしたときなど、特有の臭いを感じたことはありますか?実は、その臭いがホルムアルデヒドなど化学物質の臭いなのです。

ホルムアルデヒド

・シックハウス症候群の原因となる化学物質の中で一番有名です。発がん性がある化学物質で刺激臭がします。壁紙や床などの接着剤に含まれています。

トルエン

・壁の塗料などに含まれており、シンナーやガソリンのような臭いがします。長期にわたり吸引を続けると、小脳が委縮するなどの脳障害を起こしてしまうことがあります。

パラジクロロベンゼン

・有臭タイプの防虫剤などに含まれており、あの独特な臭いの正体がパラジクロロベンゼンです。普通に使用する限りでは問題ありませんが、高濃度を吸入した場合は健康被害を引き起こす可能性が高いので要注意です。

予防や対策方法は?

ダニ・カビへの対策

ダニやカビを減らすには、こまめに換気や掃除をすることが効果的です。特に日陰や押し入れ内といった湿気がたまりやすい所はカビが発生しやすいので、入念に掃除をすることをおすすめします。
ダニは布団などに付着しているカビや人間のフケなどをエサにしているため、掃除機をかけてダニとエサを吸引すれば問題無いと思われがちですが、ただ掃除機をかけるだけでは布団の繊維にしがみついているダニは吸い取れないこともあるので、高温乾燥にかけて死骸になったダニを吸い取ると効果的です。
さらに備長炭や植物などの湿気を吸い取る効果のある物を置けば、細菌や湿気を吸い取ってくれるのでカビやダニの予防に効果があります。

シックハウス症候群の原因

化学物質への対策

すぐにできる予防対策として、換気をこまめに行って室内に充満した化学物質を外に逃がすということができます。特に、仕事や趣味などで家を空けがちな方と、逆にほぼ一日中家にいる方におすすめです。
また、家具を【F☆☆☆☆(エフ・フォースター)】規格の物を選ぶと良いでしょう。F☆☆☆☆とは、シックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒドの放出量が少ない建材のことを指します。ここで注意していただきたいのが、F☆☆☆☆規定は放出量がゼロというわけではなく、あくまでも少量であるということです。ですので、F☆☆☆☆規定だからと油断せずに換気や掃除などを心がけるとなお良いでしょう。

症状がでたらどうしたらいい?

症状が出てしまった場合、一番手っ取り早い解決方法は原因となっている環境から離れることです。アレルギー専門の医療機関にかかり適切な処置を受けるのもありですが、様々な要因から発症するシックハウス症候群にはまだ完全な治療法が見つかっていないため、あくまでも現状よりましにするために行くものとして捉えたほうが良いでしょう。また、免疫力を高めることによってシックハウス症候群を克服したという例が上がっているので、生活習慣を改善したり運動を行い免疫力を上げられるように心がけるのも効果的でしょう。

シックハウス症候群の予防

愛知県でシックハウス症候群に対応している家を購入するならナカジツで!

今回は、意外と恐ろしいシックハウス症候群についてご紹介させていただきました。
もし、今現在シックハウス症候群に悩んでいる方や新しくお家をご購入の予定がある方は是非お近くの不動産SHOPナカジツまでご相談ください。F☆☆☆☆規格の家具を取り入れたり換気しやすい環境にするリフォームなどを提案させて頂きます。

シックハウス症候群対策の家なら不動産SHOPナカジツ


関連する記事

耐震強度3とは

掲載日:2021.05.27

耐震等級3とはどれくらい?地震に強い家とは?

マイホームを建てるとき、ハウスメーカーのホームページやパンフレット等で「耐震等級3」というワードを目にすることがあるかと思います。地震への強さを示す指標ですが、...[続きを読む]
延床面積とは

掲載日:2020.12.24

延べ床面積とは?家を広く感じさせるための工夫

マイホームを建てるなら、なるべく広くしたいですよね。土地の容積率によって建てられる床面積の上限は決まっていますが、延べ床面積に算入されない部分をうまく使って...[続きを読む]

掲載日:2020.12.23

第一種・第二種低層住居専用地域って何?注意すべきポイントは

日本の住宅地は高級な住宅が建ち並んでいる閑静な住宅地から店舗や工場も混在する住宅地までさまざまです。このように街並みが分かれるのはいくつかの理由がありますが...[続きを読む]

掲載日:2020.12.23

第一種・第二種中高層住居専用地域とは?建てられるものや特徴について解説

日常生活においてあまり意識することはありませんが、実は住環境を左右するほど重要なポイントとなる『用途地域』。 住居系用途地域と商業系用途地域、工業系用...[続きを読む]

掲載日:2020.12.22

第一種・第二種住居地域とは?住居専用地域との違いも解説

家を建てる際、まず初めにこだわるのが家を建てる場所、つまり【土地選び】。立地や生活環境を考えて選ぶことはもちろん大切ですが、実は、土地の区分けによって建てら...[続きを読む]

  • 代表メッセージ
  • 経営理念
  • メディア情報
  • CM紹介
  • ナカジツについてもっと詳しく

ページの先頭へ

Copyright (c) NAKAJITSU Co.,Inc. All Rights Reserved.