先進的窓リノベ2024事業とは?最大200万円の補助金!

先進的窓リノベ2024事業とは?最大200万円の補助金!

掲載日:2024.05.30

最大200万円の補助金!先進的窓リノベ2024事業とは?

住宅省エネの2024年の補助金キャンペーンで最高額が一番大きいのが『先進的窓リノベ2024事業』

よく知っているね。子育てエコホームの新築購入よりも大きい額で、昨年の1,000億円から大幅増額の1,350億円の予算となっているよ。

新築住宅購入やリフォームの補助金額より多いのは、なぜかな?

省エネのためには窓のリノベーションが一番効果的だから手厚くなっているんだ。制度の具体的な例や、疑問に答えるよ。

窓のリノベーションに特化した、環境省が推進する住宅省エネの補助金制度『先進的窓リノベ2024事業』。補助の対象となる条件や、リフォーム工事について解説します。

※『 子育てエコホーム支援事業』のこと。省エネ2024年キャンペーンの一つ。

この記事のポイント
  • 窓は省エネ対策の効果が一番高い
  • 窓の住宅の種類、窓の省エネ性能・サイズで補助金額が定められている(合計上限200万円)
  • 申請は契約事業者がしてくれる、補助金は契約業者から受け取る

\  ナカジツで物件探し! /

窓は省エネ対策の重要ポイント

窓やドアなどの外部との出入口は開口部と言いますが、開口部は壁のように厚い断熱材を入れるわけにもいかず外部の暑さ寒さが伝わりやすい箇所です。冬場や夏場、窓辺の付近では冷気や熱気を感じますよね。

実は、住宅で発生するの熱の出入りのうち全体の過半数が窓からなのです。

そのため、開口部の断熱性能を向上させることで大きな省エネ効果が期待できます。

住宅の全体のうち、窓からの夏場の熱流入は74%、冬場の熱流出は52%にもなる。家の断熱性能を高める上で窓は5~7割を占める非常に重要なポイントとなる。
ナカジツ新築住宅Asobi-創家パンフレット「The Book」より

補助上限

補助上限額 一戸当たり200万円

なんと、どど~んと200万円!

補助金額が最低5万円となるリノベーションからが対象となります。同じ住宅で何度もリノベーションを行う場合でも、合計200万円が上限です。

補助対象工事

対象は以下の通りです。それぞれの工事において、戸建か集合住宅か、窓のサイズ、窓の断熱性能によって補助金額が定められています。また、交換するリフォーム製品は事業が定めた対象製品に限られています。

集合住宅(マンション)では窓やドアは共用部分であるため、工事には管理組合の承認が必要です。

ガラス交換

既存の窓枠によって、ガラス交換で済むのか、窓枠から全て交換する外窓交換が必要なのか(もしくは内窓設置となるのか)工事内容を検討する必要があります。リフォーム会社と相談しましょう。

この「ガラス交換」はドアの一部のガラスを交換する工事は該当しません。

内窓設置

既存の窓の内側に新たに窓を設置する工事です。(既存の内窓を新たな内窓に交換する工事も該当します。)二重サッシ二重窓とも言います。

対象の工事は外窓との距離が50cm以内で、平行に設置する工事に限定されています。

出窓への内窓の取り付けが補助金対象となるかは少し複雑なため『先進的窓リノベ2024事業【補足資料】出窓の取り付け部に設置する内窓の取り扱いについて』をご覧ください。

内窓を設置するだけでも断熱性防音性が高まり、冬場の結露防止の効果もあります。

既存のサッシの50cm以内に設置した内窓が対象となる

外窓交換

既存の窓枠の上から新たな窓枠を取り付ける「カバー工法」と、既存の窓枠を外し新たな窓枠を取り付ける「はつり工法」があります。

【注意ポイント】住宅の外部に面しない外窓は対象外です。

カバー工法
外窓のカバー工法は既存枠に重ねて新たな枠を設置する

はつり工法
外窓のはつり工法は既存の窓枠を外し新たな枠を設置する

ドア交換

ドア交換も外窓交換と同様に「カバー工法」とドア枠から交換する「はつり工法」があります。

【注意ポイント】ドア交換の補助金は、他の窓の工事と同じ契約で、同時に申請をする場合のみ補助対象となります。」

\  物件探しからリノベーションまでサポート! /

補助金申請はいつから?

2024年3月29日から申請が開始されています。

補助金申請はいつまで?

期限は2024年12月31日、または事業の予算上限までとなっています。『先進的窓リノベ2024事業』サイトのTOPページに消化率(%)が表示されているため要チェックです。

しかしながら、2023年の同補助金制度は2024年1月1日で受付終了となったため、上限には余裕がありそうです。

でも、油断は禁物!予約が可能なので、お早めに申請をしてもらいましょう

先進的窓リノベ予算消化量の表示例

誰が申請手続きをする?

申請書類を集めたり、申請したりって大変だな・・・。

大丈夫!面倒な申請は契約事業者が行います。安心してご相談ください!

先進窓リノベに対応してくれる事業者は?

公式サイトで、制度への登録事業者を検索できるよ。

ナカジツも登録事業者なので、物件探しやリノベの相談まで、お気軽にご相談ください。

補助金利用を相談できる事業者の検索|住宅省エネ2024キャンペーン【公式】

よくある質問

よくある質問をまとめました。

補助金の受け取り方は?

補助金は、まず事業者に現金で振り込まれます。それを工事費用に充てるのか、現金で施主様にお渡しなのかは事業者ごとに異なります。事業者のポイントに変換、などはありません。

どういった形で補助金が還元されるかは事業者に確認しておきましょう。

2024年の補助金制度『子育てエコホーム』との併用はできる?

『子育てエコホーム』のリフォーム補助金は外壁、屋根などの断熱、エコ住宅設備の設置、バリアフリー改修など幅広いリフォームが対象となった補助金事業です。

先進的窓リノベ2024年事業と重複する補助対象工事もありますが、製品の性能などによって両事業を併用することができます。(先進的窓リノベの方が高性能な窓にはその分多い補助金が定められています。)しかし、同一箇所の工事で補助金を二重取りすることはできないため注意が必要です。

2023年の「先進的窓リノベ事業」を利用したが2024年の「先進的窓リノベ2024年事業」も利用できる?

同一契約(工事)に含まれる内容であっても、開口部や補助対象が重複しない限りそれぞれ申請することが可能です。

マンションは窓のリノベーションできる?

マンションの窓やドアは共用部分となるため、管理組合の許可が必要となります。ガラスのみの交換であればできる場合もあるため、確認してみましょう。

内窓設置(二重サッシ)であれば既存の窓を残し、部屋の内側に窓を追加することで断熱性を高めることができます。

先進的窓リノベ2024年事業のご相談はナカジツへ

中古住宅の中には最近の新築住宅に比べて断熱性能があまり高くないものもあります。

省エネ効果、住み心地を追求するなら、一番効果の高い「窓のリノベーション」を検討してみましょう。補助金を利用して、賢く快適にリノベーションを。

ナカジツのワンストップサービスで『中古+リノベ』で理想のおうち

中古住宅を買ってリノベーションをしたいけど、やることが多くて大変そう・・・。そんな悩みをナカジツが解決します。

物件探しからリノベーション担当があなたをサポート。どんなリノベーションが可能かしっかり確認しながら物件購入が可能です。

 \  物件探しはコチラから! / 

参照サイト:先進的窓リノベ2024事業【公式】

関連する記事

掲載日:2024.02.26

長期優良住宅とZEHの違いは?どっちが得?性能や補助金・税制面から解説

昨今の家づくりにおいて、高い住宅性能を確保することは欠かせません。夏の暑さや寒さをしのげたり、光熱費が削減できたりと、たくさんのメリットがあります。 性能...[続きを読む]
2024年版住宅ローン控除

掲載日:2024.01.24

2024年住宅ローン控除はどうなった?子育て世帯・若夫婦世帯は新築住宅購入で優遇!

住宅ローン控除って、2024年はどうなるの? 控除額の大きい制度だから絶対知っておきたいところだよね。 改正のあった点など2024年の最新情報をまとめて...[続きを読む]
子育てエコホーム支援事業とは

掲載日:2023.11.30

2024年『子育てエコホーム支援事業』とは?最大100万円の新築住宅、リフォームの補助金

2024年の住宅取得の補助金制度、『子育てエコホーム支援事業』の概要が公表されたね! 2023年の新築住宅の支援事業は9月中早々に予算上限になってしまった...[続きを読む]
離婚時の不動産売却

掲載日:2023.09.25

離婚時に持ち家を売却する最適な方法は?損をしないための注意点を解説

離婚時には、共同で積み上げてきた財産を、原則として半分ずつ分け合います。結婚後に購入した持ち家も財産分与の対象となり、どのように分けるか協議しなければなりま...[続きを読む]
太陽光発電システムを無料で設置する方法

掲載日:2023.07.28

新築戸建ての太陽光発電の設置費用が無料?初期費用ゼロで導入する方法とは

今日も暑いなぁ。この日差し、なんとかならないかなぁ。 太陽光発電システムで、電気やお金に変えられるよ。(蓄電池も追加で夜間電力にも!) でも、太陽光発電...[続きを読む]

  • 代表メッセージ
  • 経営理念
  • メディア情報
  • CM紹介
  • ナカジツについてもっと詳しく

ページの先頭へ

© 2006 Real Estate Shop Nakajitsu Co., Ltd.